アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
パトろーる
ブログ紹介
近所の探索を、ウチでは★パトろーる★と呼んでいる。

趣味のMTBで近所を探索。日々の成果をブログで報告!

zoom RSS

頑丈な目覚まし時計!2つ目!

2012/02/27 22:39
おしゃれな目覚まし時計は沢山あるけど、

頑丈な目覚まし時計がなかなかない。


以前購入したカシオの

GQ-1000J-8JF

どうやら廃盤になったようで、

ネットで探しても販売完了で扱っていない。


定期的に楽天をチェックしていたら、

処分特価で¥2580−で発見!

もちろんポチット購入です。

画像


画像


画像



また別の形状でもいいので

復活して欲しい目覚まし時計です。
記事へトラックバック / コメント


トミカの収納 ダイソーシューズケース@

2012/02/25 22:13
2012年初めての更新となってしまいました。


ミニカーはちょこちょこ買ってます。

自転車は寒さに負けて、乗ってません。

なので今回はミニカーネタです。


【トミカの収納】


ミニカーより高いケースは損した気分になるので、

いつものダイソーで探してみました。


ネットで紹介の多い【ばんじゅう】での保管方法が



一番効率良く入り良さそうなのですが、

ばんじゅう自体のサイズが大きいので保管に困ります。


そこで今回はダイソーで

【シューズケース@】

を購入してみました。

画像



画像



外寸 190 X 320 X 105

内寸 160 X 290 X 95

※表記サイズ


クリアケースなので、中身も見え

判別しやすいです。


1ケースに普通サイズのトミカで41台

画像


大サイズのトミカで大24台+小3台

画像


リミテッドは収まりが悪く14台

画像


リミテッドの収納には向いてません。


大量購入、保有のコレクターにはお勧めできませんが、

これからこつこつ収集する人にはお勧めです。


一つ注意!


ダイソーはこの類のケースは定番にはならない事が多いので、

見かけたら大量購入をお勧めします。

この頃は透明ではなく、黒色に変わってきているようです。


とりあえず私は30個ほど購入しておきました。
記事へトラックバック / コメント


割れた陶磁器の修理

2011/11/14 22:19
ロイヤルコペンハーゲンの手鏡です。


ウチの奥さんの物ですが落として真っ二つに

割れてしまい残念がっていましたが、ふと思いつき

私の父に修理をお願いしてみました。


幸いにも鏡の部分は割れていなかったので

陶磁器部分の修理です。


お願いしてから数週間後、直ったよ!との連絡。

どのように直ったか楽しみです。


先日、母が遊びに来たときに持ってきてくれました。


修理後の手鏡です↓


画像



見事に直っています。

金継ぎと言う方法で直したとの事です。

欠けてなくなってしまった部分も埋めてあります。


割れて捨ててしまう物も金継ぎで直すとコレはコレで

あじがあります。

一度は諦めた物でも直ればより愛着がわくものです。

父に感謝!




記事へトラックバック / コメント


富津岬に行こうと思ったが・・・・。

2011/10/30 21:26
久しぶりに時間ができたので、ロードで富津岬にでも

行こうかと家を出発!


出始めは順調。

久しぶりにしては良いかもなんて思いながら、

357号線から16号へ。


工業地帯と言う事もあり、トラックの通行量が多く少し怖い。

空気も良くない。

あまり自転車で走るには適していない感じである。


アクアラインの木更津インター入り口の看板が見えてきて、

海岸からアクアラインを見たくなり、

チョット寄り道パトろーるへ!

たけど一向に走れど行き止まりやらで、海すら見えてこない。

30分くらい迷った挙句、結局断念。


また30分かけて元の道付近にやっとこさ戻り、

1時間のロス。

海も見えないので写真も撮っていません。


なんだかお尻が痛くなってきた。

足も重く回らなくなってきた。

練習不足がこんなに早く出てきてしまった。


帰りの事もあるので結局、木更津駅方面の看板を見た時点で折り返し!

情けな〜い。



でも帰り道、またまた懲りずに気になる看板が出ていたので

チョト寄り道。


今度は【新鮮市場 マルエイ海づり公園】

画像


ここはさすがに迷わず到着。


沖に向かって渡り桟橋が伸びており、有料の海釣り施設です。

画像


行った当日は満員で入場制限をしていました。

画像


画像


大人920円・子供 460円

釣りをしない私には、少し高いような気もするが、

稲毛海浜プールより安いので妥当な設定かもしれない。

http://www.ichihara-umizuri.jp/index.php

画像



やはり寄り道は楽しい!

新たに話のネタが一つ増えました。


それにしても距離が伸びない。

練習しないとな〜。





記事へトラックバック / コメント


トミカのレストア その3 下地・磨き

2011/10/21 22:04
地道な作業が続きます。

次は下地作業です。

ワイヤーブラシで余分な塗装を落としながらひたすら磨きます。


今回は誰でも時間をかければでき、

そこそこ満足度も高い、

レストア初級編の鏡面仕上げにしてみます。


と書きながら、塗装に自身がないだけですが・・・・・・・


ワイヤーブラシをかけた後をよく見ると、細かい傷が沢山ついてます。

この傷を取っていきます。


この作業も地道にペーパーがけをするだけです。

今回使用したペーパーは

タミヤのフィニッシングペーパー



傷が無くなるまでペーパーで磨きます。


この作業は最後の仕上がりを大きく左右しますが、

キリがないので、まーコレくらいでよしとするか!って

切り上げるのがポイントです。


私の場合かなり切り上げるのが早いです。


いよいよ最後の仕上げです。


鏡面仕上げ最後の作業です。


磨き作業です。


ここで使用するのは

タミヤ コンパンド 粗目



タミヤ コンパンド 細目



タミヤ コンパンド 仕上げ目



3種類ありますが、今回は粗目・細目を使用しました。

コレも地道に磨くだけです。

今回は少し手間を省いて、リューターを使用。

少しではなく、リューターの使用でかなり手間を省きました。

この作業もキリがないので、ま〜このくらいでっ!

てところで切り上げが肝心です。


ウィンドーもコンパウンドで同じく磨きます。

組み立てを行い一先ず終了です。

うーん・・・・・・・。

このくらいでいっかが早すぎたのか、光沢と傷が目立ちます。

ま〜いっか!


画像


写真を撮ると良く分かります。

これ、やり直しです。
記事へトラックバック / コメント


トミカのレストア その2 塗装剥離

2011/10/19 12:01
塗装の剥離作業です。

先ずは写真の道具をそろえます。

画像


剥離剤・刷毛はホームセンターで購入。

剥離剤は少し高いです。

写真のサイズ(100ml)で500円くらいしたと思います。

そんなに頻繁にする事もないので、お試しには

この量で充分だと思います。


それ以外のトレー等は、100円ショップで購入できます。

さて、作業開始です。

またまた写真を撮るのを忘れたので、別の車種で紹介します。

ワーゲンですがかなり遊んでもらったようで、

塗装はすでにハゲハゲでした。

画像



剥離剤は手に優しくないので、手に付かないように

気を付けて刷毛で塗ります。


塗り終わったら少し放置します。(15分〜30分くらい)


そうすると塗装が気持ち悪く浮いてきます。

画像


1回ではキレイに取れないので、

地道に取れない所に塗布して剥離します。


ホームセンターで購入したこの剥離剤は、

弱いのかなかなか剥離できませんでした。

画像



剥離剤をウエス等でふき取り、水洗いをします。


剥離剤だけではどうしても完璧には塗装が取れないので、

その時は真鍮のワイヤーブラシでゴシゴシ磨きながら

残りの細かい塗装を取っていきます。

完全に塗装を剥離した状態です。

画像


ワイヤーブラシはホームセンターで300円くらいです。

画像


次は下地の磨き作業です。

部品はなくしたら悲しい事になるので、

写真の様に袋に入れておいた方が良いです!

画像


つづく





記事へトラックバック / コメント


トミカのレストア その1

2011/10/17 21:42
2009年6月に紹介したレストア用のトミカ達。

やっと手を付け始めました。

分解するトミカは右から2番目の

フェラーリ BB 512 

アップの写真撮るの忘れました。

以前撮った写真です。

画像


何故か少し紫色に塗られていたり、

状態は良くないです。


先ずは、地道にピンバイスでカシメをグリグリ削って

外す作業から開始。(ドリル3.2mm)

なかなか削れません。

手が痛くなった頃にようやくシャーシとボディーがぐらぐらに

なりやっと分解。

画像


写真はまたまた撮ってなく剥離後の写真と
なってしまいました。


この作業は電動ドリルでやる方が楽ですが、

ピンバイスでに地道にやればカシメくらいなら外せます。

手は痛くなりますが、安全で怪我の心配もありません。

今回使用したピンバイスは

タミヤの

精密ピンバイスD




次の工程は塗装の剥離作業です。

つづく

 



記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク



FX初心者の入門講座


fxwill.com
パトろーる/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる